built-in furniture
オーダーキッチン

 

工務店さんとのコラボで

キッチンのリノベーションにて

オーダーキッチンを製作しました。

 

 

天板・扉には タモ材の無垢材を使いました。

無垢材の質感が、部屋全体の雰囲気を 落ち着かせてくれます。

水に強いウレタン塗装で 仕上げています。

 

床材のナラ材と 良くマッチします。

 

 

オーダーキッチンです。キッチンのリフォーム、改装になります。無垢のタモ材を使っています。シンクの下にはゴミ箱のワゴンが収納されています。奥に小さいカウンターを設けています。

 

 

扉の手掛けは シンプルな形とました。

 

シンク下はワゴンになっており、

タオルも掛けられる取手をつけました。

 

取手はウォールナット材を使い、

周りのタモとの コントラストを付けています。

 

 

リノベーション前のキッチンは 吊戸の圧迫感があり、

キッチンが暗くなる原因の1つでもあったので、

今回、吊り棚は一部だけとしました。

 

 

オーダーキッチンです。キッチンのリフォーム、改装になります。天板、扉には無垢のタモ材を使っています。

 

 

キッチンとダイニングの間仕切りとして 格子を設けました。

採光と通風が出来る、柔らかな間仕切りです。

奥行は60cmで、その奥に一段カウンターを設けました。

 

シンクの前にも 窓があるので、

作業していても、柔らかな光を感じることができます。

 

 

オーダーキッチンです。キッチンのリフォーム、改装になります。天板、扉には無垢のタモ材を使っています。引出しの奥行は60cmあり、たっぷり収納出来ます。ソフトクローズ機能付きです。米びつのスライド収納もあります。シンクの下はゴミ箱のワゴンになっています。

 

 

引き出しの奥行は60cm、

たっぷりの収納量です。

 

 

それぞれの引き出しの中に、

何を収納するか、計画してから設計しました。

 

向かって左の引き出しは、

扉の高さを敢えて半分にして、

何が入っているのか、見やすいようにしました。

 

米びつも引き出し型にして、

ピッタリと収めました。

 

 

オーダーキッチンです。キッチンのリフォーム、改装になります。天板には無垢のタモ材を使っています。ステンレスのシンクはスクエア形で水切りプレートやまな板をセットする事が出来ます。ちょっとした物を置けるカウンターがあります。

 

 

シンクはステンレス製、

スクエアの形状を採用しました。

 

シンクのパーツには

サポートプレート・まな板・水切りプレートなどを

セットにしました。

 

作業スペースを常に清潔に保てるよう、

カウンター部分にはハンガーシステムを取り付けて、

お掃除の為の雑巾・タオルを 置きやすい配置にしました。

 

 

オーダーキッチンです。キッチンのリフォーム、改装になります。無垢のタモ材を使っています。シンクの横にラバーゼの水切りカゴを置けるように設計しました。格子でダイニング側からの目線を切っています。ジューサーも置けるように設計しました。

 

 

構造上外せない柱がありましたが、

これを上手に活用して、

カウンター収納と格子の 間仕切りを付けました。

 

カウンターの上には、

水切りかご・ジューサーを置けるように、

設計・製作しました。

 

 

お施主様は、食洗器を使われていません。

お施主様が 以前から気に入って使われているラバーゼの水切りカゴを、

今回もう1セット追加して、2階建てにしてみました。

 

沢山の洗い物があっても安心ですし、

まな板の置き場にも困りません。

 

 

カウンターの下にも 収納スペースを作っており、

あまり使用頻度の高くない物(簡易ガスコンロや梅干の瓶など)を

収納するようにしました。

 

カウンターの周りは格子になっているので、

採光と通風が出来て、

ダイニング側からの視線も、柔らかく遮ってくれます。

 

 

オーダーキッチンです。キッチンのリフォーム、改装になります。無垢のタモ材を使っています。シンクの下にはゴミ箱のワゴンが収納されています。奥に小さいカウンターを設けています。

 

 

構造上必要な部分を上手く活用しながら

キッチンの設計が出来たと思います。

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

こちらは リノベーション前のキッチンです。

大手キッチンメーカー製のL型キッチンです。

 

プランの面で見れば、収納量は多く取られていましたが、

お施主様は、暗い雰囲気と、収納の使い勝手の悪さに

不満を持たれていました。

 

 

IMG_0122

 

 

L型キッチンの為、窓からの光が十分届かず、

常に照明を付けなければならないことも、

ご不満の点でした。

 

 

P1230477-1

 

 

上部の吊戸には大きな収納があるのですが、

お施主様はあまり背が高くないので、高い部分が使えませんでした。

 

 

P1240711-1

 

 

また、収納の区割りが不十分で、

上手く収納出来ていませんでした。

奥の物が取りにくい難点がありました。

 

 

この状態から、

リノベーションの新しいプランを立てるまでの過程を、

片付け収納提案のページにて紹介しています。

 

 

 

このリノベーションの関連記事

 

キッチンリノベーション

オーダー食器棚

造り付けキッチン収納棚

キッチンワゴン

ダストボックス

片付け作業と収納提案

 

 

黒田家具工房の作品
トップページ
コンセプト
プロジェクト
アクセス