BLOG

 

 

これまでak-designの家具は、
クリア塗装をすることが大半でしたが、

 

クリアでは無い塗装法に挑戦する機会が
今年に入って、既に2件ありました。

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

1件目は、
「コンソールテーブルの天板を作って欲しい。
既に持っているarflexチェアの塗装と、
お揃いにして欲しい」
とのオーダー。

 

 

ナラ無垢板を、グレーベージュで塗装しますが、
『道管の表情を、暗い色で残す』という
明度の違いを扱うことにも成功し、
arflexの表情に似せることが出来ました。

 

 

「arflexサンプルより、もう少し明るめだと嬉しい。
その方が我が家の壁や絵のインテリアに
マッチしそうだから」
というリクエストにも、
応じることが出来ました。

 

 

黒色塗装 文字無し

 

 

小口短手

 

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

2件目は、
「シナ合板の壁面収納を、ホワイトで仕上げて欲しい」
とのオーダー。

 

 

シナ合板の木目は、
やさしく大人しい表情なので、
その表情が潰れてしまわないよう、
気を遣う必要がありました。

 

 

ホワイト塗料と、クリア塗料を、
組み合わせて塗装しています。

 

 

P1410193小

 

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

ak-designでは2年前から、
色彩の学びを続けています。

 

 

インテリアデザインの経験のある先生から指導いただき、

『色彩心理学に基づいたカラーの提案法』

『まとまりのあるコーディネート法』

『お客様のパーソナリティに合うインテリアの提案法』

などを学んでいます。

 

 

アトリエforme(京都市)草木裕子先生

【HP】http://ryb.forme-colour.jp/

【BLOG】https://ameblo.jp/atelier-forme/

 

 

その学びの中のひとつ
“混色理論” の考え方を、
オーダー塗装に活かし始めています。

 

 

P1410092

 

 

P1410091

 

 

お客様が希望される色を
提供することは勿論ですが、

 

その際に、
木の表情を潰してしまわず、
木の良さを活かせる仕上がりになるよう、
気配りしたいと思っています。

 

 

まだまだ手探り状態ではありますが、
研究を続けて行きます。

 

 

先日オーダーメイドのデスクを
納品してきました。

 

 

飼い猫ちゃんにも
歓迎してもらえました(笑)

 

 

27751518_1969199313340864_3522202099481013220_n

 

 

樹種はチェリー、
サイズも、引き出しの付け方も、
全てお客様と相談した、
世界でひとつのデスクです。

 

 

脚はテーパーを付けず、
どっしりとカジュアルな雰囲気です。

 

 

27657199_1969199380007524_6899670180027242944_n

 

 

引き出しの隙間に合わせて、
天板と脚の部分にも、
スリットを入れることで、

平面的で、重くなり過ぎないように
デザインしました。

 

 

27544594_1969199346674194_227027145989435191_n

 

 

1年生の男の子、
ココで宿題を頑張ってくれるそうです。
p(^-^)q

 

 

【WORKS】

Writing desk 学習机

 

 

 

 

普段、こちらのホームページ&ブログでは、
家具・小物・施工例の紹介、
イベントの告知などをしております。

 

 

別で使っているインスタグラムは、
今までとは、ちょっと違った主旨として、

工房や作業工程の様子も、

紹介してみたいと考えています。

 

 

b

 

 

ak-designの家具や小物は、
デザイン・機能・使い勝手など、
色々と熟考して作っているので、

 

ひとつの作品を紹介するにしても、
お伝えしたいポイントが沢山あり、
文章を起こすにも、時間を要してしまいます。

 

 

納品や撮影なども経て、
最終的にWORKSページにご紹介するまでには、
タイムラグも生じています。

 

 

テーブルに引っ掛けられるダイニングチェアーです。下にルンバが通るようになります。

 

 

しかし、
家具をオーダーしてくださり、
納品を心待ちにされているお客様や、

 

工房自体や、製作活動に、

興味を持ってくださっているお客様に、

 

製作の『今』の様子を、
チラリとでもご紹介できたら、
楽しんで頂けるのではないかと考えました。

 

 

d

 

 

家具の薀蓄を語るのは、
WORKSページUPまでのお楽しみとして(笑)、

 

インスタグラムは フットワーク軽く、
更新していきたいと思っています。

 

 

インスタグラムのアカウントをお持ちでなくても、
ak-designのページをご覧いただけます。

 

 

気に入ってくださったら、
是非、アカウントを取得されて、
ak-designのフォローをお願いいたします。

 

 

 

はままつフラワーパークにて、
毎年恒例になっているイルミネーション。

 

去年に引き続き、今年も
大温室クリスタルパレスにて、
展示協力をさせて頂きました。

 

オーダーメイドのろうそく台です。

 

 

P1400877

 

 

ディスプレイ担当者様が、
「キャンドルの太さ&展示スペースの高さに合う物が、
市販品では どうしても見つけられない」
とのことで、
サイズ指定でのオーダーとなりました。

 

このように、小物のオーダーも承ります。

 

 

P1400872

 

 

 

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

 

P1400924

 

 

新たな年を迎えて、

少しずつ作業に取り掛かっています。

 

 

年末のごみ捨てをしたり、

機械のメンテナンスをしたり、

製作する家具の予定を立てていたりしています。

 

 

P1400857-1

 

 

作業用の手袋を新調しました。

 

 

何種類かの手袋を試しましたが、

やっと「これを使っていこうかな」と思える物を選べました。

(もう少し耐久性があると良いのですが・・・)

 

 

もっと金額が安い手袋もあるのですが、

中で蒸れたり 物を掴みにくかったり、

色々でした。

 

 

消耗品などは定番を決めてしまうと、

選ぶ際に時間も掛からず、悩みも少なくなります。

 

 

今年も宜しくお願い致します。

 

 

 

お世話になっている通販サイトminne

 

 

この度、minneスタッフさんが

卓上カレンダーを購入してくださり、

minne mag.『スタッフのお買い物』のコラムにて、

卓上カレンダーを紹介してくださいました!

 

 

作家さんに聞いてみました、「心あたたまるストーリーが生まれるわけ」

 

 

通常では、

ak-designの卓上カレンダーを購入いただくと、

シンプルなデザインのカレンダーリフィルを

お届けしています。

 

 

今回の記事では、

Satoshi OTAさんのイラスト入りカレンダーと

組み合わせた例を

紹介して下さいました。

 

 

minne

 

 

minne2

 

 

ak-designのカレンダーリフィルは、

ハガキサイズとなっております。

 

 

家族の写真やお気に入りのイラスト、

ポストカードなども飾れますし、

 

ご家庭だけでなく、

お店でPOPやメニューのスタンドとしても、

お使いいただけます。

 

 

いろいろな使い方を考えて

使って頂けたら嬉しいです。

 

 

 

ご案内

 

minneの 卓上カレンダー販売ページは、こちらになります。

 

minne

https://minne.com/items/2722370

 

 

 

 

 

 

12月に入り、
すっかりXmasの雰囲気ですね。
今回は、ak-designのギフト商品のご紹介です。

 

 

 

■□■ 卓上カレンダー ■□■

 

http://www.ak-d.jp/wp/archives/154

 

毎年この時期になると、
色んなお店に並んでいるカレンダー。

 

ak-designでは、
シンプルな卓上タイプを販売しています。

 

新年を迎える前、
クリスマスギフトとしても最適です。

 

中身の見える窓付きボックスに入れ、
落ち着きのあるグリーンの包装紙と
華やかなシャンパンゴールドのリボンで、
ラッピングいたします。

 

 

collage (58)

 

 

 

■□■ カッティングボード ■□■

 

http://www.ak-d.jp/wp/archives/164

 

コンパクトなサイズのカッティングボードです。

 

まるで革のように見える、オシャレな取手部分は、
ウォールナットの曲木で作られているので、水洗いも可能。

 

キッチン・ダイニングで使っていただくことは勿論、
花台として使うことも出来ます。

 

華やかにリボンを掛けた後、
ナチュラルなボックスに入れ、
包装紙でラッピングいたします。

 

 

かってぃんぐ

 

 

 

ak-designの小物は、
大半の品で、無垢材を使用しています。

 

無垢材は、貼物の仕上げとは異なるので、
少し傷がついた場合でも、
そこから表面が剥がれてくることがありません。

 

使えば使う程、木の色は深みが増し、
傷も、家族の歴史を刻む味わいとなり、
経年変化をお楽しみいただけます。

 

今回のクリスマスギフトに限らす、
ブライダルギフト・新築祝いなどとしても、
是非お勧めしたいと思っています。

 

ギフトの定番品として設けているのは上記2品ですが、

他の商品についても、
ギフトラッピング、ご相談くださいませ。

 

 

 

9月16~17日、

浜名湖アート・クラフトフェアに

出店しました。

 

 

21728403_1935348390010815_883795790126779729_n

 

 

去年に引き続き、雨と風の予報。

 

しかも今回は台風ということで、

色々と “備え” や “覚悟” をしていたのですが、

 

搬入~出店~搬出まで、

無事に済ませることが出来ました。

 

 

21730970_1935352890010365_292206170605791496_n

 

 

土曜日は、雨で肌寒い気候の中、

日曜日は、強風の中、

沢山のお客様に、ご来場いただきました。

 

 

初めましての方々、

地元の方々、

建築・建材関係の方々、

以前の会社のお施主様、

以前の会社の同僚の方々と、

 

楽しくお話しながら、

ak-designの作品を見て頂けました。

 

 

21728173_1935352860010368_1391574555324892480_n

 

 

クラフトフェアは2度目の出店になりますが、

思案と緊張の連続です。

 

 

まず、審査に通るか。

指定される出店場所がどこになるのか。

店内を、どういうレイアウトにするか。

製作が、間に合うか。

当日の気候はどうか。

 

 

これらに加えて、

今回は想定外の緊張がありました!!

 

静岡FMラジオ局 K-MIXから

インタビューを受けてしまいました!!

 

 

仮取材を受けた後、

「本番で、インタビューに出てみませんか?」と言われ、

「はい、出ます」と答えてしまいました(笑)

 

 

21740297_1935352920010362_4681260070755294084_n

 

 

順番が回ってくるまで緊張して、

あまり接客が出来ず、

 

そのタイミングでご来店いただいたお客様には

申し訳なかったのですが、

 

おかげ様で、土曜日も日曜日も、

「あ、ラジオに出てたところだよね」

と声をかけていただけました(*^-^*)

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

クラフトフェアを2度経験してみて、

反省や課題は、山積みなのですが、

 

また来年も、審査に通って出店できるよう、

色々と頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

これまで こちらのブログでも、

ak-designがイベント出店する際の

ディスプレイについて紹介してきました。

 

 

イベントでのディスプレイ

収穫を祝う秋のテーブルディスプレイ

クリスマスのテーブルディスプレイ

 

 

15271408_1770818696512261_1653817554_o

 

 

私達がデザイン~製作まで手掛けた家具&小物を

お客様に紹介する際、

お伝えしたいことが沢山あります。

 

 

「木の良さを、こんな風なデザインに活かしています」

「こういう形をしているのは、こんな理由です」

「使い道はワンパターンではなく、こんなことや、あんなことにも使えます」

「こういうシチュエーションに使ってくださっても、便利です」

 

 

イベントで、私達のブースで足を止めてくださったお客様が、

このような説明に耳を傾けてくださるのが

とても嬉しいのですが、

 

家具や小物を一目見ただけで、

お客様がもっともっと、

使い道のイメージを膨らめることが出来るような展示が

出来るようになりたいと思いました。

 

 

そこで、プロの先生より、

テーブルコーディネート&ディスプレイを、

習ってまいりました。

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

資材の選び方、

センスが悪く見えてしまう理由と改善法、

展示物が多すぎる場合の引き算の仕方、

等々、

 

自分達では気付けなかったテクニックを、

沢山教えていただくことが出来ました。

 

 

 

セミナー中、

アドバイスを頂きながら作ったテーブルです。

 

 

o0720096013937556767

 

 

いつの季節に、どんなシーンで、

誰が食卓に集まっているのか。

 

ak-designの器やお皿には、

どんな食材が並んでいるのか。

 

 

m1

 

 

「こんな時に使えたら素敵だな」

「我が家のインテリアに、マッチしそうだな」

 

お客様が、そんな想像を膨らめられるような

魅せ方が、

だんだん分かって来ました。

 

 

 

また、メインテーブルの他にも、

店舗やブースの動線・機能分け・陳列法などを

教えていただくことが出来たので、

 

お客様が商品を、

見つけやすく&手に取りやすい、

そんな工夫も出来るようになりました。

 

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

ディスプレイセミナーを受けた後、

学んだことを最初に発揮する機会となったのは、

6月のOM建築工房わいガヤ交流会でした。

 

七夕の夜をテーマとして

ディスプレイをしました。

 

 

無題

 

課題はまだ色々ありますが、

以前より、お客様に紹介しやすくなったと思うし、

 

全体的な まとまり感も、

出せるようになったと思います。

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

 

セミナーで お世話になったのは、

テーブルコーディネート&ディスプレイクリエイターである、

Stylegreen 岩井道さんです。

 

 

セミナーの様子を

ブログ紹介していただきました。

 

※これらの記事の画像を、一部お借りしました。

 

セミナー初日終了しました♪そしてやっぱり 色 は大切!

ディスプレイセミナー 満面の笑みで終了いたしました♪

 

【ホームページ】https://style-green2010.jimdo.com/
【ブログ】http://ameblo.jp/style-green/

 

先日ご紹介した、
共同経営をしているお店。

 

お店の一角にようやく、
ak-designの小物を置くことが出来ました。

 

 

P1390669

 

 

現段階では、
棚1つ分だけの展示になっておりますが、

 

パンやセラピーで
ご来店されたお客様にも、

 

お気軽に、お手に取って、
小物をご覧いただきたく思います。

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

只今、店内&イベント共に、
『初夏の夜』がテーマの展示をしています。

 

6月頭の、
OMさんイベントわいガヤ交流会でも、
七夕の夜をテーマとした展示をしました。

 

 

無題

 

OMさんのイベントでは、
『七夕をイメージするアロマブレンド』を
あらかじめもりぃで作ってもらっておいて、
当日、展示ルームで ほんのり香らせました。

 

 

嗅覚は、五感の中で唯一
ダイレクトに大脳(感情や本能をつかさどる)に伝わる
感覚なのだそうです。

 

ふと漂って来た香りで、
昔の記憶が一瞬でよみがえってきたり、
何かの風景を想像することが
ありますよね。

 

 

七夕の夜の食空間のイメージ作りの為、
今回はアロマの力にも、
お手伝いをしてもらいました。

 

P1380774

 

 

衣食住ならぬ、
癒食住を提案する店。
(癒しのもりぃ、食のak-kitchen、住のak-design)

 

 

3つの分野を持っているお店だからこそ、
それぞれの内容の掛け合わせにより、

 

お客様に提案する内容にも、
色々な広がりを 持たせていきたいと考えています。

 

 

P1390675

 

 

 

・‥…━…‥・‥…━…‥ ご案内 ・‥…━…‥・‥…━…‥

 

 

もりぃの『七夕ブレンド』は
スッキリとして、落ち着きがあり、
深呼吸をしたくなるような香りです。

 

只今、お店で、
七夕ブレンドのみつろうクリームも
販売しております。

 

 
P1390664

 

もりぃブログ

 

 

 

黒田家具工房の作品
トップページ
コンセプト
プロジェクト
アクセス